HOME > ホワイトニングTOP > ウォーキングブリーチついて
ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチとは?

ウォーキングブリーチとは、歯の神経(歯髄)を取った後に歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を白くする方法です。

歯の中にホワイトニング剤(多くの場合、過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混ぜた薬剤が用いられます)を入れ蓋をして、数週間待ち、歯が白くなった段階で蓋を取り中の薬剤を除去して、最終的な蓋をします。

歯の中にホワイトニング剤を入れた状態で、歩き回りながらホワイトニングを行うことから"ウォーキングブリーチング"という名称が付いています。

以前は、歯を白くする方法の中で唯一保険適用が可能でしたが、2006年度の保険改正により保険適用外となりました。


ウォーキングブリーチのメリット・デメリット

神経が死んでしまった歯に対しては通常のホワイトニングではあまり効果がない場合がありますが、そのような歯に対してでもウォーキングブリーチを行えば歯を白くすることが可能となる場合があります。

ウォーキングブリーチでは歯の裏に穴を開け、そこに歯を白くする薬剤を入れて歯の内部から白くしていきます。

その後、歯が白くなったら蓋をあけて中の薬剤を除去し、最終的な蓋をします。

しかしこの方法は、歯に穴を開けなくてはならないことや、歯の中にガスが溜まって歯が割れやすくなってしまう可能性があるなどのデメリットもあり、歯科医院側としても治療に手間がかかるので、実際に行っている歯科医院はあまり多くありません。




ウォーキングブリーチの治療期間

約1ヶ月
(約1週間に1回薬剤を詰め替える必要があり、これを4〜5回行います)


ウォーキングブリーチの費用・料金

1歯1回約1000〜2000円。(大体の相場です)
※これはウォーキングブリーチのみの治療費です。その他の治療の費用は別途かかります。


インターナルブリーチ

インターナルブリーチとは、歯の中に薬剤を入れてホワイトニングを行う方法」の総称で、様々な方法があります。(ウォーキングブリーチングも含まれます)

インターナルブリーチの中には、ウォーキングブリーチのように歯の中に薬剤を入れたままにするのではなく、歯科医院でホワイトニングを行う時にだけ薬剤を入れておいて、帰宅時には取り除く方法もあります。

この方法の場合には歯の中にホワイトニング剤を入れたままにはしないので、ウォーキングブリーチのデメリットである「歯の中にガスが溜まって歯が割れやすくなってしまう」という心配がなくなり、色の調整もしやすいというメリットがあります。

どのような方法でインターナルブリーチを行っているのかは歯科医院によって様々ですので、ホームページで確認したり、事前に電話で問い合わせをされることをお勧めします。


ホワイトニングの疑問を解決!




ホワイトニングの基礎
ホワイトニングの種類
ホワイトニングQ&A
オンラインショップ
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日