HOME > ホワイトニングTOP > ホワイトニングの持続期間について
いつまで白さは持つの?

いつまで白さは持つの?

ホワイトニング剤に主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素はエナメル質の表面構造を変化させ、象牙質の色が透けないようにします。この「マスキング効果」により、歯が本来の色よりも白く見えるようになります。(要は、すりガラスと同じ原理です)

この変化したエナメル質の表面構造は、歯の再石灰化により徐々にもとに戻ります!

ホワイトニングを行った場合、その白さが持続するのは大体半年〜1年くらいです。そのため、ホワイトニングの白さを持続させるためには「タッチアップ」と言って、3〜6ヶ月おきに追加のホワイトニングをしていく必要があります。

ちなみに、「クラウン」や「ラミネートベニア」と呼ばれる人工の歯を使って歯を白くする方法では半永久的に白さが失われることはありませんが、健康な歯を削ってしまうことで二次的に虫歯になったりして、歯そのものの寿命が短くなる可能性が高くなってしまいます。


ホワイトニング

歯は最表層のエナメル質と、その中の象牙質によって作られています。

しかし、象牙質はもともと黄色っぽい色をしており、それがエナメル質を通して透けて見えるため、歯というものは本来黄色っぽい色をしています。




ホワイトニングの疑問を解決!




ホワイトニングの基礎
ホワイトニングの種類
ホワイトニングQ&A
オンラインショップ
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日