HOME > 顎関節症の原因・症状・治療・マウスピース > 顎関節症Ⅰ型:咀嚼筋障害について
顎関節症Ⅰ型:咀嚼筋障害

顎関節症Ⅰ型は、咬筋や側頭筋などの咀嚼筋の疼痛・痛みを主徴候とするものです。

顎関節症Ⅰ型の診断のポイントは、顎運動時の咀嚼筋の疼痛の部位を確認できること、画像診断で関節円盤障害や骨の変形などが確認されないということです。

また、顎関節症Ⅰ型の診断を行う際には、以下のような点も参考にして下さい。


顎関節症Ⅰ型の診断の際の注意点

  • 疼痛に起因する、軟性開口障害を呈する場合もある。
  • 手指による圧痛検査は術者間・患者間・検査時点ごとの変動が大きく、再現性が低い。
  • 触診の強さは、約1.8kgが適当。(関節および口腔内はその半分)
  • 口腔内の筋の圧痛検査は、口腔外の筋の圧痛検査よりも再現性に劣る。
  • 個々の筋の圧痛検査よりも、それらを統合しスコア化したほうが再現性が向上する。




顎関節症
顎関節症の治療法
顎関節症
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日