顎関節症T型:咀嚼筋障害について

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
顎関節症<顎関節症T型:咀嚼筋障害



顎関節症T型:咀嚼筋障害


■ 顎関節症T型:咀嚼筋障害
顎関節症T型は、咬筋や側頭筋などの咀嚼筋の疼痛・痛みを主徴候とするものです。

顎関節症T型の診断のポイントは、顎運動時の咀嚼筋の疼痛の部位を確認できること、画像診断で関節円盤障害や骨の変形などが確認されないということです。

また、顎関節症T型の診断を行う際には、以下のような点も参考にして下さい。



■ 顎関節症T型の診断の際の注意点
  • 疼痛に起因する、軟性開口障害を呈する場合もある。
  • 手指による圧痛検査は術者間・患者間・検査時点ごとの変動が大きく、再現性が低い。
  • 触診の強さは、約1.8kgが適当。(関節および口腔内はその半分)
  • 口腔内の筋の圧痛検査は、口腔外の筋の圧痛検査よりも再現性に劣る。
  • 個々の筋の圧痛検査よりも、それらを統合しスコア化したほうが再現性が向上する。



■ 顎関節症
TOP | 顎関節症 |
治療法 | 運動療法 |
| 薬物療法 |
| スプリント療法(マウスピース) |
| マニピュレーション法 |
| 外科的手術 |
分類 | 顎関節症T型:咀嚼筋障害 |
| 顎関節症U型:関節包障害 |
| 顎関節症V型:関節円盤障害 |
| 顎関節症W型:変形性関節症 |
| 顎関節症X型:その他 |
歯科医院検索 | 顎関節症に力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室  | 顎関節症に関する歯科相談 |



歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中