顎関節症の薬物療法について

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
顎関節症<顎関節症の薬物療法



顎関節症の薬物療法


■ 非ステロイド系抗炎症薬(痛み止めの薬)
痛みがある場合には、まず痛みを取ることが重要なので痛み止めの薬が出されます。



■ 中枢性筋弛緩薬
塩酸トリペルジン、塩酸チザニジン、アフロクァロンなど。
筋緊張の緩和と痛みの軽減を目的として投与されることがあります。
副作用として脱力感、倦怠感、ふらつき、眠気、肝障害などが出ることもあります。



■ 抗不安薬
顎関節症の原因には神経性のもの(ストレス)もあるので、これを緩和するために用いられます。
ふらつき、眠気などの副作用が強く、依存性もあるので、取り扱いには注意が必要です。



■ 顎関節症
TOP | 顎関節症 |
治療法 | 運動療法 |
| 薬物療法 |
| スプリント療法(マウスピース) |
| マニピュレーション法 |
| 外科的手術 |
分類 | 顎関節症T型:咀嚼筋障害 |
| 顎関節症U型:関節包障害 |
| 顎関節症V型:関節円盤障害 |
| 顎関節症W型:変形性関節症 |
| 顎関節症X型:その他 |
歯科医院検索 | 顎関節症に力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室  | 顎関節症に関する歯科相談 |



歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中