非ステロイド系抗炎症薬(痛み止めの薬)

痛みがある場合には、まず痛みを取ることが重要なので痛み止めの薬が出されます。


中枢性筋弛緩薬

塩酸トリペルジン、塩酸チザニジン、アフロクァロンなど。
筋緊張の緩和と痛みの軽減を目的として投与されることがあります。
副作用として脱力感、倦怠感、ふらつき、眠気、肝障害などが出ることもあります。


抗不安薬

顎関節症の原因には神経性のもの(ストレス)もあるので、これを緩和するために用いられます。
ふらつき、眠気などの副作用が強く、依存性もあるので、取り扱いには注意が必要です。





顎関節症
顎関節症の治療法
顎関節症
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日