顎関節症の外科的手術とは?

薬物療法・運動療法・スプリント療法・マニピュレーション法などを3〜6ヶ月行っても症状が改善しない場合には、歯科医院・病院での外科的な治療が必要となる場合もあります。

ただし、外科的手術が必要となるのは全顎関節症患者さんの2〜4%ほどで、残りの95%以上の患者さんは外科的手術無しで症状が改善します。


顎関節症の外科的手術の注意点

  1. 通常、数日間の入院が必要となります。
  2. 多くの場合、全身麻酔により手術を行います。
  3. 手術後も薬物療法・運動療法・マニピュレーション法などが必要です。
    (リハビリテーション)


顎関節症の外科的手術の治療費

顎関節症の外科的手術 (保険適用3割負担)

  • 顎関節形成術       72.000円
  • 顎関節鏡下受動術     14.400円
  • 開放受動術        45.000円
  • 顎関節鏡下円盤整位術   42.000円
  • 開放円盤整位術      56.600円

  • 保険の治療費は3割負担の場合の、大まかな目安(どんぶり勘定)です。
  • 保険改正により、治療費が変わっている可能性もあります。
    治療費の詳細については歯科医院・病院側にお問い合わせ下さい。






顎関節症
顎関節症の治療法
顎関節症
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日