クラウン(被せ物・差し歯) < ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウンは、
メタルボンドの内面の金属の代わりに
ジルコニアを使用したものです
オールセラミック冠


ジルコニアセラミッククラウンとは?

ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用したものです。

金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。

また、審美的にはオールセラミッククラウンに多少劣るもののかなり綺麗で、土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。

しかし、まだ新しい素材なので長期的な予後の報告が無い、治療費が高いなどのデメリットがあります。


ジルコニアセラミッククラウンの動画

ジルコニアセラミッククラウン(Cercon:セルコン)の解説動画です。





ジルコニアセラミッククラウンの値段・価格・料金

約10〜20万円。(大体の相場です)


ジルコニアセラミッククラウンのメリット

  • 色が歯に似ているので見た目が良い。
  • マスキング効果に優れているため、土台の金属が透けて見えない。
  • ジルコニアは割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。
  • 金属を一切使用しないので、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない。
  • 仮止めで様子を見ることができる。
    (オールセラミッククラウンは基本的に仮止めができません)


ジルコニアセラミッククラウンのデメリット

  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る。
  • 歯を削る量が比較的多い。
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある。
  • 長期的予後については、まだはっきりとは分かっていない。
  • 将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある。
  • ジルコニア自体が割れることは非常にまれだが、ジルコニアを覆っているセラミック(陶器)の部分が割れることがある。
  • 保険外の治療なので、値段が高い。


ジルコニアセラミッククラウンの治療期間

最短で通院2回。(型取り→装着)


歯科医院検索



歯科相談室



保険のクラウン



保険外(自費)のクラウン






クラウン(被せ物、差し歯)
保険のクラウンの種類
保険外(自費)のクラウン
クラウンの保障期間と比較
歯科相談室関連性の高い歯科相談




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日