ジルコニアセラミッククラウンは、
メタルボンドの内面の金属の代わりに
ジルコニアを使用したものです
ジルコニアセラミッククラウン



ジルコニアセラミッククラウンとは?


ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、白色のジルコニアを使用したものです。

金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。

また、ジルコニアは土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。

しかし、審美的に良いものができるかどうかは術者の腕に大きく左右されるため、ジルコニアであれば必ずしも審美性の高いクラウンができるというわけではありません。

審美性の高いジルコニアクラウンを希望する場合は、過去の症例写真を見せてもらうなどして、技術力の高い医院を探す必要があります。