全体が金属で出来ている
いわゆる「銀歯」です
保険の金属冠


銀歯(保険の金属冠)とは?


冠全体が金属で出来ている、いわゆる「銀歯」です。

保険では「金銀パラジウム合金」と「ニッケルクロム合金」の2種類が、クラウンに使用できる保険適応の金属として指定されています。(ほとんどの場合、金銀パラジウム合金が使用されます)

保険でクラウン(かぶせ物)を作る場合には、基本的に前から4番目以降の歯はすべてこの金属冠(銀歯)になります。