インレー、詰め物 インレー(詰め物)

詰め物、インレーとは?


虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(レジンやインレー)を詰めるだけで治療を終わることもあります。

ただし、虫歯の大きさや噛み合わせの状態によっては詰め物ではなく、クラウン(被せもの)による治療となることもあります。



詰め物、インレーの種類


詰め物、インレーには金属で作られたものや、レジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険と保険外で使える材料が変わります。

また、保険外の詰め物の場合は、歯科医院によって取り扱っているものと取り扱っていないものがあります。


保険の詰め物 保険外(自費)の詰め物
コンポジットレジン充填 コンポジットレジン充填
セラミックインレー セラミックインレー
保険のインレー 保険のインレー
ハイブリッドセラミックインレー ハイブリッドインレー
その他の保険の詰め物
ゴールドインレー ゴールドインレー

保険の詰め物と保険外の詰め物の違い (見た目)


保険では銀色の金属や変色するプラスチック(レジン)しか使うことができませんので、見た目という点では保険外に軍配が上がります。

ただし、保険外の場合でも歯と全く見分けが付かないような詰め物を作るためには非常に高度なテクニックが必要となり、どのくらい審美的な治療ができるのかは歯科医院によって大きく異なります。

そのため、保険外で審美的な詰め物を作ってもらう際には、

・その歯科医院で行った過去の症例写真を見せてもらう
・出来上がった詰め物に納得できなかった場合の保障について

上記2点については、しっかりと確認されておくことをお勧めします。


保険の詰め物と保険外の詰め物の違い (料金・価格)


・保険の詰め物 ・・・ 1000~2000円程度
・保険外の詰め物 ・・・ 1~5万円程度


保険の場合はいずれの部位を治療した場合でも1部位1000~2000円ほどで、全国どの歯科医院で治療を受けても同一料金です。

保険外の場合は使用する素材や歯科医師の技術等によって値段が大きく異なり、また、保険外の料金は各歯科医院が独自に設定しているため、医院によっても料金に大きな差があります。

しっかりとした治療を行おうと思うとそれなりのコストがかかるため、相場より安すぎる場合は注意が必要なことが多いのですが、かといって値段が高ければ技術力が高いというわけでもありませんので、料金だけで医院の技術力を判断することは不可能です。

そのため、良い治療を受けようと思うのであれば患者さん自身が「患者力」を身に付け、歯科医院を慎重に見極めることが必要です。

[参考] 良い歯科医を見抜く12のポイント


保険の詰め物と保険外の詰め物の違い (持ち)


保険でも丁寧に治療を行えばかなり長持ちさせることができるのですが、どうしても限られた時間・材料の中での治療となりますので、一般的には保険の詰め物の寿命は保険外の場合と比べると短くなりがちです。

しかし、保険外治療であれば必ずしも長持ちするとは限りません。

[参考] 歯科の保険治療と保険外治療(自費)の違いって?

また、簡単なケースなのか、難しいケースなのか、治療後のメンテナンスはどの程度できているのかなどによっても、詰め物の持ちは大きく変わってきますので、一概にどのくらい持つのかというのはなかなか簡単には言えません。


保険の詰め物と保険外の詰め物の違い (保障)


保険の詰め物には保障はありませんので、欠けたり外れたりした際には再度治療費がかかります。

保険外の場合の保障は歯科医院によって様々で、無償でやり直しをしてくれる医院もあれば、割れたりした場合の再作成の際にはもう一度同じ料金がかかる医院もあります。

余計なトラブルを避けるためにも、いざという時の保障内容については治療前にしっかりと確認しておきましょう。






歯科相談室 |  詰め物 (インレー) に関する歯科相談

歯科医師厳選!おすすめ商品