保険の金属の詰め物(メタルインレー)について。メリット・デメリット、値段など

歯チャンネル歯科医院検索  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
虫歯<インレー、詰め物<銀の詰め物(メタルインレー)



奥歯の詰め物として使用される
銀色の金属のインレーです。
詰め物


■ 保険の金属の詰め物(メタルインレー)とは?
主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属のインレーで、多くの場合「金銀パラジウム合金」という金属が使用されます。

金銀パラジウム合金を使ったインレーは一応保険適応なのですが、歯科医院によっては保険外で治療を行なっている場合もあります。

また、「ニッケルクロム合金」という金属も保険適応の金属なのですが、金銀パラジウム合金よりも物性が悪く、金属アレルギーの原因にもなりやすいためあまり使用されていません。

保険のメタルインレー(銀の詰め物)
保険のメタルインレー(銀の詰め物)
【写真提供 : EEデンタル 井野 泰伸 先生】



■ 保険の金属の詰め物(メタルインレー)の費用・価格・料金
【保険適用(3割負担)の場合】
約1300〜1800円

【保険外の場合】
約5000円〜3万円

※上記の料金は、虫歯を削る料金・型取り・インレー本体の料金を足したものです。



■ 保険の金属の詰め物(メタルインレー)のメリット
  • 金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にでも使用できる。
  • 保険適用の場合は安価。



■ 保険の金属の詰め物(メタルインレー)のデメリット
  • 金属なので見た目が良くない。
  • 時間が経つと金属が錆びて溶け出し、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性が高い。(錆びにくい金属である貴金属は、保険では使えません)



■ 保険の金属の詰め物(メタルインレー)の治療期間
通院2回。(型取り→装着)



■ 保険の金属の詰め物(メタルインレー)の持ち
■平均使用年数(何らかのトラブルが起こるまでの年数)   ・・・5.4年。

※これは「トラブルが起きた人」の平均であり、中にはノントラブルのまま過ごしている人もいますので、実際の平均使用年数は上記よりも長くなります。



保険の詰め物 保険外(自費)の詰め物
コンポジットレジン充填 コンポジットレジン充填
セラミックインレー セラミックインレー
保険のインレー 保険のインレー
ハイブリッドセラミックインレー ハイブリッドインレー
その他の保険の詰め物
ゴールドインレー ゴールドインレー


■ インレー
TOP | インレー(歯科の詰め物) |
歯科医院検索 | 保険の詰め物(メタルインレー)に力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室  | 保険の詰め物(メタルインレー)に関する歯科相談 |
保障期間と比較 | 見た目、持ち、治療費の比較 |

 Check


歯チャンネルFacebook







このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中