奥歯の詰め物として使用される
銀色の金属のインレーです
銀の詰め物

保険の金属の詰め物 (メタルインレー) とは?


主に奥歯の詰め物として使用される金属の詰め物で、多くの場合「金銀パラジウム合金」という金属が使用されます。

色は銀色で、強度が強いため金属自体が割れたり欠けたりすることはほとんどありません。

しかし、硬すぎるために適切に使用しないと歯のほうが割れてしまったり、かみ合う歯を痛めてしまうことがあります。

また、メタルインレーを歯に装着して外れにくくするためには便宜形態や保持形態というものを付与する必要があり、レジン(歯科用プラスチック)で治療する場合と比べて歯を削る量が多くなります。

保険のメタルインレー(銀の詰め物)
保険のメタルインレー(銀の詰め物)
【写真提供 : EEデンタル 井野 泰伸 先生】



保険の金属の詰め物 (メタルインレー) の費用・価格・料金


【保険適用(3割負担)の場合】
約1300~1800円

【保険外の場合】
約5000円~3万円

※上記の料金は、虫歯を削る料金・型取り・インレー本体の料金を足したものです。


保険の金属の詰め物 (メタルインレー) のメリット


・金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にでも使用できる
・保険適用のため安価


保険の金属の詰め物 (メタルインレー) のデメリット


・金属なので見た目が良くない
・歯を削る量が多い
・金銀パラジウム合金は金属アレルギーのリスクが比較的高い
・硬すぎるため、適切に使用しないと歯のほうが割れてしまったり、かみ合う歯を痛めてしまうことがある


保険の金属の詰め物 (メタルインレー) の治療期間


通院1~2回 (型取り→装着)


保険の金属の詰め物 (メタルインレー) の持ち


平均使用年数 ・・・ 5.4年

※これは「トラブルが起きた人」の平均であり、中にはノントラブルのまま過ごしている人もいますので、実際の平均使用年数は上記よりも長くなります。


保険の詰め物 保険外(自費)の詰め物
コンポジットレジン充填 コンポジットレジン充填
セラミックインレー セラミックインレー
保険のインレー 保険のインレー
ハイブリッドセラミックインレー ハイブリッドインレー
その他の保険の詰め物
ゴールドインレー ゴールドインレー





歯科相談室 |  保険のインレー (銀・金属) に関する歯科相談

歯科医師厳選!おすすめ商品