中身は金属で、外から見える部分にのみ
セラミック(陶器)を貼り付けたものです
メタルボンド


メタルボンドとは?


メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。正式名は陶材焼付鋳造冠といいます。

見た目がよく変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。

さらに、中の金属に貴金属を使用することで、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

メタルボンド



メタルボンドの値段・価格・料金


約8~15万円 (大体の相場です)


メタルボンドのメリット


・色が歯に似ているので見た目が良い
・中身が金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できる
・中の金属に貴金属を使用することで、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることができる


メタルボンドのデメリット


・色調はオールセラミッククラウンに劣る
・裏側から見ると金属が見える
・将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある
・天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
・保険外の治療なので、値段が高い
・術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい
・中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性もある。(銀やニッケルクロムなどの卑金属の含有量が高い場合にリスクが上がる)


メタルボンドの治療期間


最短2回 (型取り→装着)

※丁寧な治療を行う場合は仮歯の段階で何ヶ月か様子を見ることが多いので、治療期間は上記よりも長くなります




保険のクラウン 保険外(自費)のクラウン
硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠
オールセラミックジャケット冠 オールセラミック冠
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドセラミック冠
保険の金属冠 銀歯(保険の金属冠)
メタルボンド冠 メタルボンド
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドCAD/CAM冠
※小臼歯のみ 2014年4月より保険導入
オールセラミックジャケット冠 ジルコニアクラウン
ゴールドクラウン ゴールドクラウン





歯科相談室 |  メタルボンドに関する歯科相談

歯科医師厳選!おすすめ商品