「金合]金」や「白金加金」等の
貴金属を使用したクラウンです
ゴールドクラウン



ゴールドクラウンとは?


ゴールドクラウンとは、「金合金」や「白金加金」等の貴金属を使用したクラウン(被せ物)です。

金属なので見た目に問題はありますが、適合がよく金属もほとんど錆びることはありません。

白金加金(PGA合金)は金合金にプラチナを加えたもので、色が銀色に近くなりますが、適度な硬さと耐久性を備えている優れた歯科用金属であると考えられています。

見た目を重視するのであればオールセラミックやメタルボンド、ジルコニアクラウンなどが優先されますが、奥歯などあまり目立たない部位で持ちを重視するのであればゴールドクラウンが第一選択となります。

ゴールドクラウン(金のかぶせ物・差し歯)
【写真提供 : EEデンタル 井野 泰伸 先生】





ゴールドクラウンの値段・価格・料金


約4~12円 (大体の相場です)


ゴールドクラウンのメリット


・金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できる
・最も適合が良く、二次的な虫歯になりにくい
・貴金属の割合が高い金属を使うことで、金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる


ゴールドクラウンのデメリット


・金属なので見た目が良くない
・歯科医院によっては、保険と同じ金銀パラジウム合金を使用している場合がある
・保険外の治療なので、値段が高い


ゴールドクラウンの治療期間


最短2回 (型取り→装着)

※丁寧な治療を行う場合は、治療期間は上記よりも長くなります




保険のクラウン 保険外(自費)のクラウン
硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠
オールセラミックジャケット冠 オールセラミック冠
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドセラミック冠
保険の金属冠 銀歯(保険の金属冠)
メタルボンド冠 メタルボンド
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドCAD/CAM冠
※小臼歯のみ 2014年4月より保険導入
オールセラミックジャケット冠 ジルコニアクラウン
ゴールドクラウン ゴールドクラウン





歯科相談室 |  ゴールドクラウンに関する歯科相談

歯科医師厳選!おすすめ商品