ジルコニアセラミッククラウンは、
メタルボンドの内面の金属の代わりに
ジルコニアを使用したものです
ジルコニアセラミッククラウン



ジルコニアセラミッククラウンとは?


ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、白色のジルコニアを使用したものです。

金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。

また、ジルコニアは土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。

しかし、審美的に良いものができるかどうかは術者の腕に大きく左右されるため、ジルコニアであれば必ずしも審美性の高いクラウンができるというわけではありません。

審美性の高いジルコニアクラウンを希望する場合は、過去の症例写真を見せてもらうなどして、技術力の高い医院を探す必要があります。





ジルコニアセラミッククラウンの値段・価格・料金


約10~20万円 (大体の相場です)


ジルコニアセラミッククラウンのメリット


・透明感があり、ほとんど変色しない
・汚れ(プラーク)が付きにくい
・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
・腕の良い歯科医が作ったものは、天然の歯とほとんど見分けが付かない
・ある程度かみ合わせの強い部位にも使用できる
・仮止めで様子を見ることができる


ジルコニアセラミッククラウンのデメリット


・色調はオールセラミッククラウンに劣る
・歯を削る量が比較的多い
・天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
・ジルコニア自体が割れることはまれだが、ジルコニアを覆っているセラミック(陶器)の部分が割れることがある
・将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある
・保険外の治療なので、値段が高い
・術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい


ジルコニアセラミッククラウンの治療期間


最短2回 (型取り→装着)

※丁寧な治療を行う場合は仮歯の段階で何ヶ月か様子を見ることが多いので、治療期間は上記よりも長くなります




保険のクラウン 保険外(自費)のクラウン
硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠
オールセラミックジャケット冠 オールセラミック冠
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドセラミック冠
保険の金属冠 銀歯(保険の金属冠)
メタルボンド冠 メタルボンド
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドCAD/CAM冠
※小臼歯のみ 2014年4月より保険導入
オールセラミックジャケット冠 ジルコニアクラウン
ゴールドクラウン ゴールドクラウン





歯科相談室 |  ジルコニアクラウンに関する歯科相談

歯科医師厳選!おすすめ商品