オールセラミッククラウンは
全体がセラミック(焼き物)のクラウンです
オールセラミック冠



オールセラミッククラウンとは?


オールセラミッククラウンは、冠全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウン(かぶせ物、差し歯)です。

セラミック(陶器)は汚れが付きにくく、変色もしません。

腕の良い歯科医が作ったオールセラミックは天然の歯とほとんど見分けがつかないレベルの高い審美性を有していますが、セラミックの審美性は術者の腕に大きく左右されますので、セラミックだからといって必ずしも天然の歯と見分けが付かないようなものができるというわけではありません。

また、セラミックは割れやすく、値段が高いと言う欠点もあります。





 資料提供:高田歯科 (神戸 三ノ宮・須磨)


オールセラミッククラウンの値段・価格・料金


約8~15円 (大体の相場です)


オールセラミッククラウンのメリット


・透明感があり、ほとんど変色しない
・汚れ(プラーク)が付きにくい
・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
・腕の良い歯科医が作ったものは、天然の歯とほとんど見分けが付かない


オールセラミッククラウンのデメリット


・割れやすい
・歯を削る量が比較的多い
・天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
・基本的に仮止めで様子を見ることができない
・将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある
・保険外の治療なので、値段が高い
・術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい


オールセラミッククラウンの治療期間


最短2回 (型取り→装着)

※丁寧な治療を行う場合は仮歯の段階で何ヶ月か様子を見ることが多いので、治療期間は上記よりも長くなります


オールセラミッククラウンの持ち


オールセラミッククラウンの5年生存率(5年間割れたりトラブルが出ない確率)は約95%

※これは「トラブルが起きた人」の平均であり、中にはノントラブルのまま過ごしている人もいますので、実際の平均使用年数は上記よりも長くなります。


オールセラミッククラウンの種類 (主なもの)


エンプレス (Ivoclar Vivadent)
e.max (Ivoclar Vivadent)
プロセラ (ノーベル・バイオケア)
セルコン (デンツプライ)
セレック (シロナ)
DECSY(エンジェルクラウン) (メディア株式会社)
インセラム (VITA)
ウォルセラム (VITA)




保険のクラウン 保険外(自費)のクラウン
硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠
オールセラミックジャケット冠 オールセラミック冠
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドセラミック冠
保険の金属冠 銀歯(保険の金属冠)
メタルボンド冠 メタルボンド
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドCAD/CAM冠
※小臼歯のみ 2014年4月より保険導入
オールセラミックジャケット冠 ジルコニアクラウン
ゴールドクラウン ゴールドクラウン





歯科相談室 |  オールセラミックに関する歯科相談

歯科医師厳選!おすすめ商品