HOME > 歯周病(歯槽膿漏)TOP > 歯周病になってしまったら・・・
歯周病になっちゃたらどうすればいいの?

歯周病の原因には色々なものがあるのですが、大きな原因の1つがプラーク(歯垢)です。

そのため、まずはプラークコントロール(歯磨き、フロッシングなど)をしっかりと行い、口の中のプラークの量を減らすことが最も重要になります。

また、進行した歯周病の治療を行う際にも、患者本人がしっかりとプラークコントロールをできるかどうかが歯周病治療の成否に大きく関わってきますので、まずは正しいプラークコントロールの方法を覚えて実践することが大切です。

⇒参考:歯チャンネル 歯磨き教室



進行した歯周病の場合は・・・

プラークコントロールは歯周病の治療・予防の上で非常に重要なのですが、

進行した歯周病はプラークコントロールだけで治ることは絶対にありません!

実際に進行した歯周病の治療を行うとなると非常に大変なので、歯周病の症状が出ていなくても年に数回は歯科医院へ行き、歯の検査とメンテナンスを受けることをおすすめします。

また、タバコを吸っている人は、ぜひとも禁煙されることをオススメします!

禁煙が成功すればそれだけで、歯周病で歯を失うリスクが大きく減少します!







歯周病の基礎知識
歯周病の治療法
歯周病の予防法
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日