3DSとは?

3DSとは「dental drug delivery system」の略で、抗菌剤により虫歯や歯周病の原因菌を殺菌し、虫歯や歯周病の予防を行う方法です。

3DSは特に虫歯菌の多い人や歯周病のリスクの高い人に適していますが、歯科医院によっては定期的なメインテナンスとして行っているところもあります。



3DSの手順と費用・料金

手順 説明 治療費
(1) 唾液検査 唾液中の細菌の数を検査し、3DSが必要かどうかをチェックします。また、3DSを行った後の細菌数と比較をするための資料としての意味もあります。 約3000円〜5000円


(2) PMTC Professional Mechanical Tooth Cleaningの略。
機械を使った専門家による歯面清掃です。可能な限り歯面から細菌を除去します。
約5000円〜1万円
 

(3) マウスピース製作 虫歯菌や歯周病菌を殺菌するための抗菌剤を入れるためのマウスピースを作製します。
このマウスピースを使用するにより、抗菌剤を効率的に歯面に作用させることができます。
マウスピースの料金
上下で約1万円前後


(4) ドラッグデリバリー マウスピースに抗菌剤を入れ、約5分間装着します。これにより虫歯菌や歯周病菌が徹底的に殺菌されます。 抗菌剤の料金
約2000円〜4000円


(5) ホームケア ご家庭で約1週間、夜歯を磨いた後に抗菌剤をマウスピースに入れ、約5分間作用させます。


(6) ドラッグデリバリー
   &PMTC
1週間後に、再度PMTCとドラッグデリバリーを行い、細菌を徹底的に除去します。 ドラッグデリバリー+
PMTCの料金


(7) 効果の判定 約2ヵ月後に唾液検査を行い、細菌数をチェックします。効果が不十分と判定された場合には、もう一度ドラッグデリバリーを行います。 約3000円〜5000円


治療費の合計
約3万円〜5万円





3DSの持続期間

3DSによる予防効果は、4〜6ヶ月持続すると言われています。



3DSの注意事項

3DSを行えば、歯磨きをしなくても良いというわけではありません。

またそもそも、3DSに本当に予防効果があるのかどうかもまだ分かっていません。

3DSはあくまでも基本的な予防(毎日のプラークコントロールや歯科医院での定期的なメンテナンス)を行った上で、プラスアルファとして行うものだということをご理解下さい。



歯周病の基礎知識
歯周病の治療法
歯周病の予防法
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日