治療をした歯の寿命。レジン、クラウン、ブリッジの耐用年数、平均使用年数

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
歯の基礎知識<治療をした歯の寿命




■ 修復物の耐用年数
耐用年数とは?

耐用年数とは、「材料そのものの劣化が起こるまでの年数」です。
ここでは、一般的な保険治療を行った場合の耐用年数を紹介します。

治療方法 耐用年数
コンポジットレジン充填
(プラスチックの詰め物)
2〜3年
クラウン
(金属のかぶせものの歯)
2〜5年
ブリッジ 3〜5年
義歯(入れ歯) 2〜4年



■ 修復物の平均使用年数
平均使用年数とは?

平均使用年数とは、「何らかのトラブルが出てくるまでの平均年数」です。
ここでは、一般的な保険治療を行った場合の耐用年数を紹介します。

※これは「トラブルが起きた人」の平均であり、中にはノントラブルのまま過ごしている人もいますので、実際の平均使用年数は上記よりも長くなります。

治療方法 二次的な虫歯 脱落 歯髄炎 平均使用年数
コンポジットレジン充填
(プラスチックの詰め物)
5.1年 3.3年 5.6年 5.2年
インレー
(金属の詰め物)
5.8年 4.1年 5.3年 5.4年
クラウン
(金属のかぶせものの歯)
8.2年 6.2年 8.9年 7.1年
硬質レジンジャケット冠
(全体がプラスチックの歯)
6.4年 5.0年 4.0年 5.9年
ブリッジ 10.1年 6.2年 7.5年 8.0年
アマルガム充填 7.4年 8.4年 6.0年 7.4年



■ 保険外の場合
保険でも丁寧に治療を行えばかなり長持ちさせることができるのですが、どうしても限られた時間・材料の中での治療となりますので、一般的には保険のクラウンの寿命は、保険外の場合と比べると短くなりがちです。

しかし、保険外治療であれば必ずしも長持ちするとは限りません。

[参考]
歯科の保険治療と保険外治療(自費)の違いって?

また、簡単なケースなのか、難しいケースなのか、治療後のメンテナンスはどの程度できているのかなどによっても、クラウンの持ちは大きく変わってきますので、一概にどのくらい持つのかというのはなかなか簡単には言えません。

保険外治療を受けられる際には、歯科医院側が何年保障をしているのかについて事前に聞いておくことをお勧めします。



■ 歯の基礎知識
TOP | 歯の基礎知識 |
歯の基礎知識 | 歯の構造 |
| 歯の種類・名称・番号・歯式 |
| 歯の生え変わりの時期 |
| なんで歯って大事なの? |
| 虫歯は伝染るの? |
| 治療をした歯の寿命 |


歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中