アマルガムやCRインレーなど、保険の詰め物について

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
虫歯<インレー、詰め物<その他の保険の詰め物




■ アマルガム充填
1980年代まではごく一般的に使用されてきた材料で、現在でも一部の歯科医院では使用されています。

1980年代以前に歯科治療を受けていて奥歯に銀色の詰め物がある場合は、ほぼ間違いなくアマルガムでしょう。

現在では使用する歯科医院は減ってきており、アマルガムが見つかると他の材料で再治療をすることを勧める場合も多いようです。

[参考]
アマルガム-歯科相談室

アマルガム
【写真提供 : EEデンタル 井野 泰伸 先生】



■ コンポジットレジンインレー(CRインレー)
本来は保険適応なのですが、保険でCRインレーを行っている歯科医院はごく少数です。



■ インレー(ニッケルクロム合金)
ニッケルクロム合金は一応保険適応の金属ですが、物性が金銀パラジウム合金に劣り、金属アレルギーの原因にもなりやすいためあまり使用されません。

ただし、ニッケルクロム合金は金銀パラジウム合金よりも金属料が安いため、悪質な歯科医院では金銀パラジウム合金の費用を請求しておきながらニッケルクロム合金を使用するといったこともあるようです。

これは見た目で区別することがほぼ不可能で、実際に削ってみないと分かりません。
(実際に削ってみると、硬さが違うので分かります)



■ インレー(銀合金)
銀合金は軟らかいため、主に乳歯の場合に使用されます。



■ グラスアイオノマーセメント
非常に軟らかく削れやすいため、噛み合わせがある部位には使用されません。

ただし、徐々にフッ素を放出し続けるという性質を持ち、二次的に虫歯になるのを防ぐという特徴があるので、噛み合わせの無い部分や乳歯に対しては好んで用いられることがあります。



保険の詰め物 保険外(自費)の詰め物
コンポジットレジン充填 コンポジットレジン充填
セラミックインレー セラミックインレー
保険のインレー 保険のインレー
ハイブリッドセラミックインレー ハイブリッドインレー
その他の保険の詰め物
ゴールドインレー ゴールドインレー


■ インレー
TOP | インレー(歯科の詰め物) |
歯科相談室  | アマルガムに関する歯科相談 |
保障期間と比較 | 見た目、持ち、治療費の比較 |



歯チャンネルFacebook







このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中