ゴールドインレー(金の詰め物)について。メリット・デメリット、値段・料金など

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
虫歯<インレー、詰め物<ゴールドインレー(金の詰め物)



保険外の金属のインレーです 保険外のインレー


■ ゴールドインレーとは?
ゴールドインレーとは主に保険外の場合に使用される、金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られたインレーです。

これらの貴金属は非常に錆びにくいため、保険の金属の問題点であった金属の溶け出しによる二次的な虫歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが点でアドバンテージがあります。

また、遣う金属の種類によっては硬すぎず、適合も良いというメリットがあります。

※保険外だと必ず金合金や白金加金が使われているというわけではありません!
  保険外でも、保険と同じ金属が使われている場合もありますのでご注意下さい!

【保険の金属、保険外の金属の見分け方】

歯医者さんや衛生士さんに、「保険外の金属は何を使っていますか?」と聞いてみてください。
金属の種類によって、保険の金属なのか保険外の金属なのかを見分けることが出来ます。


【保険の金属】
金銀パラジウム合金(金パラ)、ニッケルクロム合金。(保険はこの2種類だけです)

【保険外の金属】
金合金(18K、20Kなど)、白金加金(PGA合金)など。



■ ゴールドインレーの値段・価格・料金
約3〜5万円 (大体の相場です)



■ ゴールドインレーのメリット
  • 金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にでも使用できる。
  • 最も適合が良く、二次的な虫歯になりにくい。
  • 金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる。



■ ゴールドインレーのデメリット
  • 金属なので見た目が良くない。
  • 保険外治療のため、値段が高い。
  • 歯科医院の中には、保険で使用する金属(金銀パラジウム合金、ニッケルクロム合金など)を保険外で使っているところもある。(保険を一切取り扱っていない歯科医院に多い)



■ ゴールドインレーの治療期間
最短で通院2回。(型取り→装着)



保険の詰め物 保険外(自費)の詰め物
コンポジットレジン充填 コンポジットレジン充填
セラミックインレー セラミックインレー
保険のインレー 保険のインレー
ハイブリッドセラミックインレー ハイブリッドインレー
その他の保険の詰め物
ゴールドインレー ゴールドインレー


■ インレー
TOP | インレー(歯科の詰め物) |
歯科医院検索 | ゴールドインレーに力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室  | ゴールドインレーに関する歯科相談 |
保障期間と比較 | 見た目、持ち、治療費の比較 |


歯チャンネルFacebook







このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中