HOME > インプラントTOP > インプラントの失敗について
インプラント インプラント画像   インプラント アニメ

インプラントが出来ない可能性が高いケース

インプラント治療はちゃんと適応を見極め、正確な手技を用いて行えば9割以上の成功率が見込めますが、それでも当然失敗することもあります。

失敗の主な原因としては、

  • 患者さんのメンテナンスが不十分。
  • 噛み合わせに問題があった。
  • 歯科医師の診断に問題があった。
  • 歯科医師のインプラント手術時の手技に問題があった。
  • その他、タバコや骨質の問題など。


など色々なものが考えられますが、もし失敗したとしても6ヶ月くらい経てば骨が回復し、またインプラントが打てるようになります。

その際の費用は歯科医院によって様々で、治療後5年以内なら無料でやり直すところや、10年以内なら半額でやり直すところ、保障が一切ないところなど本当に様々です。そのため、治療を始める前には最低限保障内容についてはしっかり聞いておいた方が良いでしょう。

また、インプラント治療でどうしても避けられない偶発症の一つに「神経の損傷」というものがあります。軽度のものであれば数ヶ月で回復することもありますが、重症のものでは一生麻痺が残ることもあります。

しっかりと検査を行っている歯科医院ではこのようなことはめったにありませんが、インプラント治療にはリスクもあるということをあらかじめ知っておくべきでしょう。





インプラント
インプラントの治療法
インプラントの種類
うんちく
Dr.弘岡の情報羅針盤
おすすめコラム
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日