HOME > インプラントTOP > インプラントのデメリット
インプラント インプラント画像   インプラント アニメ

インプラントのデメリット

  1. 手術が必要。

  2. 骨の量が十分でない場合には、インプラントが出来ないことがある。
    (骨を作る手術をすれば可能となる場合もあります)

  3. 治療期間が長い。(約3ヶ月〜1年)

  4. 歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合もある。

  5. 治療後のメインテナンス(定期検診や歯磨きなど)がしっかりと出来ない人には向かない。

  6. 値段が高い。(1本約15〜50万円)


インプラント治療では通常、フィクスチャーを骨に埋め込むときと、上部構造(人工の歯)を装着するときの2回、手術が必要になります。(手術が1回で済む、1回法というものもあります)

それほど大きな手術ではありませんが、他の方法(ブリッジや部分入れ歯)では手術が必要ないことを考えると、デメリットだと言えるでしょう。

また、治療期間は最短でも2ヶ月、長い場合では1年以上かかることもあり、治療費の相場は35〜45万円程度と非常に高額です。

最も気を付けなければならないのは、体が不自由などの理由で、治療後のメンテナンスが出来ないような場合です。

インプラントは治療後のメンテナンスが絶対に必要ですので、このメンテナンスに問題があるような人は、インプラント治療は避けたほうが良いでしょう。






インプラント
インプラントの治療法
インプラントの種類
うんちく
Dr.弘岡の情報羅針盤
おすすめコラム
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日