HOME > インプラントTOP > ブローネマルク インプラントについて
インプラント インプラント画像   インプラント アニメ

ブローネマルク インプラント

【原産】スウェーデン
【製造】Nober Biocare社(ノーベル・バイオケア社)
【手術】主に2回法(1回法もある)
【性状】タイユナイト、TPS


ブローネマルクインプラントは、スウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク博士がチタンと骨が完全に結合することを偶然発見したことから生まれたもので、1965年から臨床応用が開始された世界初のインプラントシステムです。

ブローネマルクインプラントは世界初のインプラントであるため、最も長い臨床実績があり、そのため最も信頼性が高いインプラントシステムだと言われています。

ブローネマルクインプラントの表面性状は以前はTPS(Titan Plasma Spray)でしたが、現在ではタイユナイト(Ti Unite)という、ノーベルバイオケア社独自のものになっています。

これは、インプラントのフィクスチャー表面に厚い酸化層とミクロの孔を設けることにより、骨とインプラントの結合「オッセオインテグレーション」を促進するものです。このタイユナイトの開発により、従来よりもインプラントの成功率は大きく向上しました。

実は、ブローネマルクインプラントが開発されて以来色々なタイプのインプラントが発売されたのですが、中には非常に成功率の低いインプラントシステムもありました。特にブレードタイプのインプラントは成功率が極端に低く、現在ではほとんど使用されていません。

また、優れたインプラントシステムはブローネマルクインプラント以外にもあるにはあるのですが、臨床実績という点でブローネマルクに勝るものはありません。(ブローネマルクインプラントは世界初のインプラントなので、当然と言えば当然ですが・・・)

別にブローネマルクシステムでなくても、同社(ノーベルバイオケア社)が販売しているリプレイスセレクトやストローマン社のITI、アストラテック社のアストラ、プラトン社のプラトンなどのインプラントシステムでもインプラントシステムとしては全く問題ないと思います。

むしろインプラント治療で重要なのは、術者(歯科医師)の技術です。
十分に審査・診断を行い、正しい術式で手術を行なうことができるかどうかということです。

ブローネマルクシステムは、十分な実績があり安心できるものですが、あらゆるインプラントシステムの中で最も「高価」です。また、基本的に長めのインプラントのため、骨の厚みや高さが少ないケースでは使用が難しいというデメリットもあります。

そのため、最近では値段も安くインプラントも短めで日本人向きの、同社のリプレイスセレクトに置き換わりつつあります。





インプラント
インプラントの治療法
インプラントの種類
うんちく
Dr.弘岡の情報羅針盤
おすすめコラム
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日