歯周病(歯槽膿漏)治療後のメンテナンスについて説明

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
歯周病(歯槽膿漏)<歯周病の治療法<歯周治療後のメンテナンス



■ 歯周病の再発を防ぐために
歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありません。

一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。
そのため、再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。

特に歯周外科治療を行った場合には、定期的なメインテナンスを行わないと逆に歯周病が悪化するという研究報告もあります!十分注意して下さい。


改善 変化なし わずかに悪化 悪化
メンテナンスあり 17% 72% 10% 1%
メンテナンスなし 1% 10% 34% 55%

P. Axelsson and J. Lindhe. J Clin Periodontol 1981:8:281-294. より改変


■ メンテナンスの料金・費用
■保険適用の場合 (3割負担、メンテナンス1回あたり)

約 2000〜3000円


■保険外の場合 (メンテナンス1回あたり)

約 5000円〜1万円前後

※メンテナンスには通常保険が利きませんが、歯周病の治療後の場合に限り保険が利くことがあります。詳しくは歯科医院側にお問い合わせ下さい。



■ メンテナンスの内容
お口の中の検査 新しい虫歯や歯周病がないか?きちんとプラークコントロールが出来ているかどうかなどを調べます。
歯のクリーニング
(PMTC)
プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング。
「専門家による機械を使った歯のクリーニング」です。
スケーリング
(歯石取り)
専用の器具を使って、普段のブラッシングでは取ることの出来ない歯石を除去します。
口腔衛生指導 お口の中のプラーク(歯垢)の付着状況を検査し、1人1人に合ったプラークコントロールの方法を指導します。
フッ素塗布 虫歯になりやすいと判断された人の場合には、フッ素を塗布して虫歯の予防を強化することもあります。
その他の検査 その他必要に応じて唾液検査、細菌検査、3DSなどが行われることがあります。



■ メンテナンスの間隔
メインテナンスの間隔は、通常3ヶ月に1回です。

ただし、お口の中の状態が良ければ6ヶ月に1回程度で良い場合もありますし、状態が良くなかったり歯周病の治療中の場合には1週間に1回程度必要な場合もあります。

基本的にはお口の中が健康な人ほど間隔が長く、状態が良くなかったり、悪くなる可能性が高いと思われる人ほど間隔が短くなります。

ですから、歯科治療をした直後は1週間おきのメインテナンスが必要で、治療が進んでお口の中が健康になってきたら1ヶ月、3カ月、6カ月おきと間隔が長くなっていくといった感じになります。



■ 歯周病 (歯槽膿漏)
TOP | 歯周病 (歯槽膿漏) TOP |
歯周病の基礎知識 | 歯周病の基礎知識TOP |
歯周病の治療法 | 歯周病の治療法TOP |
| 歯周病の治療の流れ |
| 歯周病の検査 |
| プラークコントロール |
| スケーリング(歯石取り) |
| ルートプレーニング |
| 歯周外科治療(フラップ手術) |
| 歯周組織再生療法 |
| 歯周治療後のメンテナンス |
| 抜歯(進行した歯周病) |
歯周病の予防法 | 歯周病の予防法TOP |
歯科医院検索 | 歯周病治療に力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室 | 歯周病治療に関する歯科相談 |

 Check


歯チャンネルFacebook







このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中