スケーリング(歯石取り)について

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
歯周病(歯槽膿漏)<歯周病の治療法<スケーリング(歯石取り)



■ スケーリング(歯石取り)とは?
歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取ることを「スケーリング(歯石取り)」と言います。
手用スケーラー手用スケーラー
超音波スケーラー
超音波スケーラー
エアスケーラー
エアスケーラー



■ スケーリング(歯石取り)の解説
歯石を取る意味について説明。必見です!



■ スケーリングの治療費・料金
■保険適用の場合 (3割負担、全ての歯のスケーリングをした場合)

約 800円〜1000円


■保険外の場合 (全ての歯のスケーリングをした場合)

約 3000円〜1万円前後



■ なんでスケーリングが必要なの?
歯周病の原因には様々なものがあるのですが、その大きな原因の1つがプラーク(歯垢)です。

歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことはプラークをしっかりと取ることなのですが、歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付いたプラークが落ちにくくなります。

この歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善させます。

歯石は歯磨きでは取る事が出来ない上、90パーセント以上の人にあります。しかも、歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。



■ スケーリングの間隔
スケーリングの間隔は、普通の人で3〜6ヶ月に1回位が目安です。
(ただし、お口の中の状態によりスケーリングの間隔は変わります)

また、スケーリングをすればそれでOKというわけではなく、毎日の家庭でのプラークコントロールも非常に重要です。



■ 歯周病 (歯槽膿漏)
TOP | 歯周病 (歯槽膿漏) TOP |
歯周病の基礎知識 | 歯周病の基礎知識TOP |
歯周病の治療法 | 歯周病の治療法TOP |
| 歯周病の治療の流れ |
| 歯周病の検査 |
| プラークコントロール |
| スケーリング(歯石取り) |
| ルートプレーニング |
| 歯周外科治療(フラップ手術) |
| 歯周組織再生療法 |
| 歯周治療後のメンテナンス |
| 抜歯(進行した歯周病) |
歯周病の予防法 | 歯周病の予防法TOP |
歯科医院検索 | 歯周病治療に力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室 | スケーリング (歯石取り) に関する歯科相談 |

 Check


歯チャンネルFacebook







このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中