ブリッジの保障について説明

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
ブリッジ<ブリッジの保障期間



ブリッジの保障期間


ブリッジ bridge    ブリッジ  ブリッジ アニメ



■ 保険のブリッジの場合
保険のブリッジの場合には、「補綴物維持管理料」というものが治療費の中に含まれています。

これはいわゆる「2年間保障」で、2年以内にブリッジが取れたり壊れたり、治療をしたところが虫歯になってしまったりした場合には、これらの治療は全て無料で出来るというものです。

ただし、中にはこの「補綴物維持管理料」を取っていない歯科医院もあります。

この場合には治療費が990〜1320円安くなります(3割負担の場合:H20年度)が、2年以内に何らかの治療が必要になった場合には、治療費の約7割を患者側が負担しなければなりません。

この「補綴物維持管理料」は、患者さんにとってはかなりお得な制度だと思います。
(歯医者さんにとってはやっかいな制度なのですが・・・。理由はそのうち「裏歯科情報」で)

ちなみに、補綴物維持管理料は初診料やその他の治療費(根管治療など)、6歳以下の乳幼児や在宅治療の場合には対象外となります。

⇒参考:補綴物維持管理料について



■ 保険外のブリッジの場合
保険外の場合には特に決まった保障というものはなく、歯科医院によって5年以内に問題が出た場合は無料でやり直すとか、治療費の半額を負担するとか色々あります。

保険外の保障内容は歯科医院ごとに様々ですので、事前に確認したほうが良いでしょう。



■ ブリッジ
TOP | ブリッジ |
ブリッジの解説 | メリット・デメリット |
| 治療期間と持ち |
| 保険適応範囲 |
| 保険適応の計算式 |
| ブリッジの保障 |
| ジルコニアブリッジ |
歯科医院検索 | ブリッジに力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室  | ブリッジに関する歯科相談 |


 Check


歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中