スマイルデンチャー、フレキサイトについての説明

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
部分入れ歯(部分義歯)<スマイルデンチャー、フレキサイト



スマイルデンチャー(フレキサイト)

■ スマイルデンチャーとは?
スマイルデンチャー(フレキサイト) スマイルデンチャーとは、「スーパーポリアミドナイロン樹脂」という素材で出来ている部分入れ歯です。

薄く、軽く、弾力のあるのが特徴です。

非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からないので笑顔に自信が持てるということからこの名が付きました。



■ スマイルデンチャーの費用・値段・料金
10万円〜20万円
(上下どちらか片方の値段。大体の相場です)



■ スマイルデンチャーのメリット
  • 薄く、軽く、弾力があるため、装着感が良い。
  • 非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からない。
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない。



■ スマイルデンチャーのデメリット
  • 残っている歯の状態によっては使用できない場合がある。
  • 噛む能力は高くない場合が多い。
  • 定期的に作り直す必要があるので、ランニングコストがかかる。



■ スマイルデンチャー裏話
スマイルデンチャーは見た目、装着感という点では非常に優れていますが、残っている歯の状態によっては使用できないことがあります。

また、治療費も他の保険外の治療法と比べると一見安いようですが、定期的に作り直す必要があるので長期的に見ると安いとは言えません。

「とにかく見た目が一番良いのがイイ!」という人には非常にオススメですが、メリット・デメリットをよく考え、適用に際しては担当の歯医者さんと十分に話し合う必要があります。

また、スマイルデンチャーは「ノンクラスプ義歯」と呼ばれるものの一つで、ノンクラスプ義歯には他にもフレキサイトやバルプラストなど、数種類のものがあります。

いずれのノンクラスプ義歯も比較的短期間(2〜3年程度)で定期的に作り直す必要があり、噛む能力も低い場合が多いので、将来インプラントやブリッジなどを行うまでの時間稼ぎや一時的な仮歯として使用されることが多いです。



■ 関連リンク (外部サイト)



■ 部分入れ歯(部分義歯)
TOP | 部分入れ歯 (部分義歯) |
部分入れ歯の種類 | 保険の部分入れ歯 |
| コーヌス・テレスコープ義歯 |
| スマイルデンチャー |
| シリコン義歯 |
| ホワイトクラスプ |
| アタッチメント義歯 |
歯科医院検索 | 部分入れ歯 (スマイルデンチャー、フレキサイト、バルプラスト等) |
歯科相談室 | 部分入れ歯 (部分義歯) |


歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中