歯医者/歯科情報の歯チャンネル
標準 拡大
現在、 人が閲覧中 登録無料!一般登録専門家登録
歯医者ポータル歯チャンネル歯科相談室歯科医院検索歯科情報の広場ショッピング専門家向け
 

超詳細解説

歯の基礎知識

虫歯 (むし歯)

歯周病 (歯槽膿漏)

インレー (詰め物)

クラウン (被せ物、差し歯)

支台築造 (歯の土台・コア)

インプラント

ブリッジ

部分入れ歯

総入れ歯

歯牙移植 (親知らずの移植)

歯列矯正 (矯正歯科)

歯のホワイトニング

知覚過敏

顎関節症

口臭

上顎洞炎(蓄膿)

歯茎(歯ぐき)の変色

歯軋り(歯ぎしり)

口内炎

舌の病気、異常、できもの

親知らず(親不知)の抜歯

歯科検診 (デンタルドック)

セカンドオピニオン




 ブリッジ  ブリッジ アニメ

ブリッジの保険適応範囲

ブリッジ欠損1

前歯(犬歯含む)で連続して2本以内の欠損

ブリッジ欠損2


前歯(犬歯含まない)で連続して4本以内の欠損

[4本連続欠損の場合]
・上顎 〜 保険適応不可能
・下顎 〜 保険適応可能

ブリッジ欠損3


奥歯(前から4番以降の歯)で1〜2本以内の欠損

[奥歯2本欠損の場合]
・5番、6番の連続欠損 〜 保険適応可能
・6番、7番の連続欠損 〜 保険適応不可能

[親知らずがきれいに生えている場合]
④⑤67⑧という形であれば(6、7欠損)
保険適応のブリッジを作ることが可能です。
(⑤67⑧という形のブリッジは保険適応外です)

上記のブリッジの保険適応範囲を満たしている場合でも、
ブリッジの土台になる歯の状態が悪い場合などでは、
部分入れ歯が選択されることもあります。

実際のブリッジの保険適応については、
複雑な計算式で決められます。
(詳しくは、次のページのブリッジの保険適応の計算式で)



ブリッジの適応とならない場合は、下記のいずれかになります

インプラント 見た目・機能ともに優れていますが、
時間や費用がかかります。
部分入れ歯 ほとんどのケースで使用できます。
総入れ歯 歯が1本も無い場合はこれになります。
歯牙移植 歯牙移植が可能な場合もあります。


TOP | ブリッジ
ブリッジの解説 | メリット・デメリット
| 治療期間と持ち
| 保険適応範囲
| 保険適応の計算式
| ブリッジの保障
| ジルコニアブリッジ
| ブリッジの治療費・料金
歯科医院検索 | ブリッジに力を入れている歯科医院を検索
歯科相談室 | ブリッジに関する歯科相談


歯チャンネルFacebook








サイト内検索
専門用語を検索
歯科相談を検索

<< 上手な検索のコツ >>







歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ

毎月100万人が利用。
歯チャンネルって
こんなサイト です。

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中
Copyright @ 2006-2022 ha-channel-88.com All Rights Reserved.