感染根管【歯科大辞典】


感染根管
infected root canal



感染根管とは、細菌感染してしまった根管のことです。

深い虫歯をそのままにしていたり、根管治療で細菌を十分に除去することができなかった場合などに、感染根管になってしまいます。

他にもが割れていたり、深い歯周ポケットがあり、そこから根管内に細菌が進入してくるような場合も、感染根管になってしまうことがあります。

要は何らかのトラブルが起こり、外部から根管内に細菌が進入してくる状態のままだと、感染根管になってしまうのです。

感染根管に対しては通常、根管治療(この場合の根管治療のことを、感染根管治療と言います)を行って根管内の細菌を除去する必要がありますが、感染根管治療を行っても十分に感染の除去が出来ないこともあり、その場合には歯根端切除術が必要になったり、それでもダメなら抜歯になってしまう場合もあります。


感染根管の問題点

・感染根管を放置していると、根尖根尖病変ができて、違和感や痛み・腫れなどが出てくる。

・根管治療をするたびに歯が削られて薄くなるので、割れやすくなってしまう。
 (歯が割れた場合は、基本的には抜歯になってしまいます)

・感染根管を放置していると、周囲の骨が溶かされ、その後の歯科治療が困難になることがある。


要は、感染根管になっている場合はなるべく早く手を打たないと、どんどん予後が悪くなってしまうということです。






Total total
今日 今日
昨日 昨日