歯根端切除術【歯科大辞典】


歯根端切除術
apicoectomy



歯根端切除術とは、通常の根管治療を行ってもどうしても治らない場合に、最後の手段として外科的に歯根の先端を切り取ってしまう治療法です。

これでダメなら後はもう抜歯しか残されていませんので、本当に最後の手段です。

しかし、歯根端切除術は全ての歯科医院で行われているわけではなく、また奥歯の場合には歯根端切除術が出来ないことも多いので、歯根端切除術を行うことなく抜歯になってしまう・・・ということも実際にはよくあります。

また、場合によっては歯根端切除術ではなく、意図的再植が行われる場合もあります。



【歯根端切除術の成功率】

歯根端切除術の成功率は以前は60%程度と言われていましたが、最新の方法(マイクロスコープ+MTAを使用)した場合は90%程度の成功率があるという報告もされています。
(ただし、症例・患者さんの状態により、成功率は大きく変化します)



【歯根端切除の成功率を高めるポイント】


1.まずはしっかりとした根管治療を行うこと。

歯根端切除を行う場合でも、術前にしっかりとした根管治療が行われているtかどうかで、成功率が大きく変わってきます。


2.マイクロスコープを使用していること

歯根端切除術は非常に見えにくい部位の処置になりますので、肉眼では限界があります。

もちろんテクニックも非常に重要ですが、マイクロスコープを使用しているかどうか、見えているのかどうかということも、歯根端切除術の成功率に大きく影響してくると思われます。

また、海外の根管治療専門医の中では、歯根端切除術にマイクロスコープは必須と言われています。


⇒参考:歯根端切除術-歯科相談室






Total total
今日 今日
昨日 昨日