保険外、自費【歯科大辞典】


保険外、自費
personally paid



保険外(自費)とは、国民健康保険などの保険以外のもののことです。

歯科医院で治療を行なう場合、保険を使えば1〜3割負担(ほとんどが3割)で治療が受けられます。

しかし、保険で行なえる治療は限られているため、場合によっては保険が使えない治療が必要となることがあります。

このような治療を「保険外治療」または「自費治療」「自由診療」などと言い、費用は全額自己負担となります。


保険が使えない歯科治療の一例

・予防全般。(歯科検診や、虫歯になっていないに対するフッ素塗布など)
・見た目に関するもの。(美容目的の矯正セラミックの使用、ラミネートベニアホワイトニングなど)
・最新治療や、未認可の治療。(インプラントエムドゲイン3Mix-MP法ヒールオゾンなど)


また、保険で治療を行う場合、歯科医師側からすれば治療を丁寧に行っても適当に行なっても、貰える報酬が同じだという問題があります。

しかも、日本の保険点数は世界的に見ると圧倒的に安いので、保険で丁寧に治療を行うと赤字になってしまうというのが現状です。

そのため、たとえ保険治療であっても丁寧に治療を行っている歯科医院もあるのですが、経営的な理由でどうしても保険の場合には治療の質が落ちてしまうことが多くなります。


⇒参考:歯医者・歯科の保険について
⇒参考:保険外の治療費の裏


【蛇足説明】
ちなみに、歯医者さんに「自費にしますか?保険外にしますか?」と聞かれたら、その歯医者はぼったくり歯医者です。

【蛇足説明2】
ちなみに、歯医者さんに「保険にしますか?保険外にしますか?」と聞かれて、「保険がいいです」と言ったのに、聞き間違えたふりをして「保険外ですって言ったでしょ?」なんて言う歯医者も、ぼったくり歯医者です。






Total total
今日 今日
昨日 昨日