抜髄【歯科大辞典】


抜髄
pulpectomy、extirpation of dental pulp



抜髄(ばつずい)とは、の神経である歯髄を取ってしまうことです。

歯髄は一度細菌に感染してしまうと治癒することが不可能で、しかも歯痛の原因になってしまうので、虫歯が深くなって歯髄に細菌感染が起こってしまった場合には、抜髄をする必要があります。

抜髄をすると、表面的には歯が黒っぽく変色するなどの問題が出てきますが、本当の問題は数年経ってから根管内に細菌感染が起こり、感染根管となって根尖病変が出来てしまう可能性がかなり高いということで、もし根尖病変が出来てしまった場合には、根管治療など全ての治療が一からやり直しになってしまいます。

しかし治療が出来ればまだ良いほうで、治療が不可能で抜歯に至るケースも少なくありません。

ですので、歯科治療を行う場合には極力抜髄を行わないように治療を進めるのが望ましいのです。






Total total
今日 今日
昨日 昨日