ブリッジの保険適用範囲について

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
ブリッジ<ブリッジの保険適応範囲



 ブリッジの保険適応範囲について


ブリッジ bridge    ブリッジ  ブリッジ アニメ


ブリッジの保険適応範囲

ブリッジ欠損1

前歯(犬歯含む)で連続して2本以内の欠損

ブリッジ欠損2

前歯(犬歯含まない)で連続して4本以内の欠損


[4本連続欠損の場合]

・上顎 〜 保険適応不可能
・下顎 〜 保険適応可能

ブリッジ欠損3

奥歯(前から4番以降の歯)で1〜2本以内の欠損


[奥歯2本欠損の場合]

・5番、6番の連続欠損 〜 保険適応可能
・6番、7番の連続欠損 〜 保険適応不可能


親知らずがきれいに生えている場合は、6、7番連続欠損でもCD67Gという形であれば、保険適応のブリッジを作ることが一応可能です。
(D67Gという形のブリッジは保険適応外です)

上記のブリッジの保険適応範囲を満たしている場合でも、ブリッジの土台になる歯の状態が悪い場合などでは、部分入れ歯が選択されることもあります。

ちなみにブリッジの保険適応については、複雑な計算式で決められます。
(詳しくは、次のページのブリッジの保険適応の計算式で)



ブリッジの適応とならない場合は、下記のいずれかになります


インプラント 見た目・機能ともに優れていますが、時間や費用がかかります。
部分入れ歯 ほとんどのケースで使用できます。
総入れ歯 歯が1本も無い場合はこれになります。
歯牙移植 場合によっては、歯牙移植が可能となることもあります。



■ ブリッジ
TOP | ブリッジ |
ブリッジの解説 | メリット・デメリット |
| 治療期間と持ち |
| 保険適応範囲 |
| 保険適応の計算式 |
| ブリッジの保障 |
| ジルコニアブリッジ |
歯科医院検索 | ブリッジに力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室  | ブリッジに関する歯科相談 |



歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中