HOME > ブリッジ > ブリッジの保険適応範囲
ブリッジ bridge    ブリッジ  ブリッジ アニメ

ブリッジの保険適応範囲

ブリッジ欠損1

前歯(犬歯含む)で連続して2本以内の欠損


ブリッジ欠損2

前歯(犬歯含まない)で連続して4本以内の欠損

[4本連続欠損の場合]
  • 上顎 ~ 保険適応不可能
  • 下顎 ~ 保険適応可能


ブリッジ欠損3

奥歯(前から4番以降の歯)で1~2本以内の欠損


[奥歯2本欠損の場合]
  • 5番、6番の連続欠損 ~ 保険適応可能
  • 6番、7番の連続欠損 ~ 保険適応不可能

親知らずがきれいに生えている場合は、6、7番連続欠損でも④⑤67⑧という形であれば、保険適応のブリッジを作ることが一応可能です。
(⑤67⑧という形のブリッジは保険適応外です)



上記のブリッジの保険適応範囲を満たしている場合でも、ブリッジの土台になる歯の状態が悪い場合などでは、部分入れ歯が選択されることもあります。

ちなみにブリッジの保険適応については、複雑な計算式で決められます。
(詳しくは、次のページのブリッジの保険適応の計算式で)


ブリッジの適応とならない場合は、下記のいずれかになります

  • インプラント
    見た目・機能ともに優れていますが、時間や費用がかかります。

  • 部分入れ歯
    ほとんどのケースで使用できます。

  • 総入れ歯
    歯が1本も無い場合はこれになります。

  • 歯牙移植
    場合によっては、歯牙移植が可能となることもあります。





ブリッジ
ブリッジの基礎知識
歯科相談室歯科相談室
歯科医院検索歯科医院検索




  • 当サイト上のいかなる情報も、利用者への資料提供を目的としたものであり、けっして医師の診断を代替するものではありません。
  • 弊社は常に利用者にとって有益な情報を正確に伝えるために万全を尽くしておりますが、特に医療・健康に関する情報は、全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。


Total total
今日 今日
昨日 昨日