ブリッジのメリットとデメリットについて

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
ブリッジ<ブリッジのメリット・デメリット



ブリッジ bridge    ブリッジ  ブリッジ アニメ



■ ブリッジのメリット
  • 見た目が良い。
  • 違和感が少ない。
  • 咀嚼能率(ものを噛み砕く能力)がそこそこ高い。(天然歯の約60%)
  • 歯と歯をつなぐ事によって、噛む力を分散させることが出来る。(歯周病の場合に有利)
  • 安価。(保険適用の場合)



■ ブリッジのデメリット
  • 土台となる健康な歯を削ってしまうので、土台の歯の寿命が短くなる。
  • 土台となる健康な歯がない場合には、ブリッジが出来ない。
  • 保険のブリッジの場合には、変色しない材料が使えない。
  • 保険のブリッジの場合には、前から3番目の歯までにしか白い材料が使えない。
    (前から4番目以降の歯は金属の歯になる)
  • 保険外のブリッジの場合には、変色しない材料や奥歯に白い材料が使えるので見た目が良くなるが、治療費が高くなる。
  • 歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が困難な場合がある。

ブリッジ

左の写真では前から4番目の歯に白い材料を使っているので、保険外のブリッジとなります。

保険のブリッジの場合には、前から4番目以降の歯は全て金属になり、白い材料は使えません。




■ ブリッジ
TOP | ブリッジ |
ブリッジの解説 | メリット・デメリット |
| 治療期間と持ち |
| 保険適応範囲 |
| 保険適応の計算式 |
| ブリッジの保障 |
| ジルコニアブリッジ |
歯科医院検索 | ブリッジに力を入れている歯科医院を検索 |
歯科相談室  | ブリッジに関する歯科相談 |



歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中