矯正で歯を抜く理由について説明

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
矯正歯科(歯列矯正)<矯正で歯を抜く理由




■ 良い矯正結果を得るためには、時には抜歯も必要です!
日本人の歯並びが悪い人の多くは、歯の大きさに対してアゴの大きさが小さすぎるために歯が生えるスペースが足りなくなり、そのため歯がきれいに並ぶことができなくなっています。

言い換えるなら、「6人掛けのソファー(アゴ)に、無理やり8人(歯)座ろうとしている」ために、きれいに座れずガタガタになってしまっているのです。

つまり歯を抜くということは、「2人にどいてもらう(抜く)ことで、6人掛けのソファーに6人で座れるようにする」ということなのです。



■ 歯を抜くのはもったいないのでは?
「歯を抜くなんてもったいない!」と考える人も多いと思います。

しかし、矯正で歯を抜かなくてはいけないような人はそもそも歯並びが悪く、噛み合わせやプラークコントロール(歯磨き等)に問題のある場合がほとんどです。

そのような人は歯を抜いて矯正を行うことで噛み合わせやプラークコントロールが改善し、結果として歯を抜く前よりもものを噛む能力が高くなったり、残った歯の寿命が長くなったりする可能性が高いのです!

患者さん側があまりにも歯を抜くことを嫌がっていると矯正をする歯医者さんの方も、

「本当は歯を抜いた方が良いんだけど、これ以上無理に抜歯を勧めたら患者さんに逃げられるかも知れないし・・・。とりあえず抜かないでやっちゃえ!」となってしまうこともあります。
(この場合、当然良い結果が出る可能性は低くなります)

歯医者さんは歯のプロですので、むやみやたらに歯を抜きましょうとは言いません。
歯を抜くと言うからには、それ相応のメリットがあるから言うのです。

もちろん、中には抜歯をせずに矯正が可能なケースもあります。このような場合、歯医者さんは歯を抜きましょうとは決して言いません。不必要に歯を抜けば訴えられる可能性もありますし、できれば歯を抜かないでおきたいのは歯医者さんも同じですから。



■ 矯正歯科 (歯列矯正)
TOP | 矯正歯科 (歯列矯正) |
矯正の種類 | ワイヤー矯正 |
| 舌側矯正 (裏側の矯正) |
| インプラント矯正 |
| クイック矯正 (補綴矯正) |
| ダイレクトボンディング法 |
| 外科矯正 |
| 小児矯正 (子供の矯正) |
| マウスピース矯正 |
矯正の豆知識 | 矯正の治療期間 |
| 矯正治療中の通院 |
| 矯正の治療費 (料金・費用) |
| 矯正の医療費控除 |
| 矯正治療を始める前に |
| 矯正のメリット・デメリット |
| 良くない歯並びの分類 |
| 矯正で歯を抜く理由 |
歯科相談室 | 矯正歯科 (歯列矯正) に関する歯科相談 |


歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中