レジンコア(プラスチックの土台)のメリット・デメリット、費用・料金など

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
支台築造(歯の土台・コア)<レジンコア(プラスチックの土台)



レジンコアは、レジン(プラスチック)で作られた
白色の土台(コア)です
グラスファイバーコア


■ レジンコアとは?
レジンコアとは、レジン(プラスチック)で作られたコアです。

レジンコアはメタルコアと同じく保険適用のコアですが、強度・接着に問題があるため、奥歯で強い力がかかる部位や、深い虫歯がある部位には使用できない場合もあります。

また、レジンコアは色が白く、セラミッククラウンを被せた際に見た目が良くなるというメリットがあるため、前歯部で噛み合わせの力があまりかからないようなケースでは積極的に使用されることもあります。

また、比較的歯の欠損が少ない場合や、レジンに精通した歯医者さんの場合には、お口の中でレジンを盛って、そのまま土台を作る場合もあります。





■ レジンコアの費用・価格・料金
【保険適応の場合】

約430〜470円 (3割負担)

※クラウン(被せ物)の料金は別途かかります


【保険外の場合】

5000円〜2万円くらい

※あくまでも相場ですので、歯科医院によって料金には大きな差があります
※保険外のクラウン(被せ物)の中に、保険外のコアの料金が含まれている場合もあります



■ レジンコアのメリット
  • しなる性質があるので、歯が割れる可能性が低くなる。
  • 金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない。
  • 色が歯と似ているので、オールセラミックジャケット冠をかぶせて中の色が透けた場合でも見た目が悪くならない。
  • 保険適応の場合は安価。



■ レジンコアのデメリット
  • 歯の状態によっては、使用できないことがある。
  • ピンを併用している場合には、再治療が必要になった際、除去が困難な場合がある。
    (除去時に歯が割れてしまった場合には、高確率で抜歯となります)
  • 強度・接着的に問題があるので、かなりケースを吟味して使用する必要がある。
  • コアの成功率が、術者のテクニックに大きく左右される。



保険の土台(コア) 保険外の土台(コア)
メタルコア メタルコア
ゴールドコア ゴールドコア
レジンコア グラスファイバーコア
ファイバーコア グラスファイバーコア



■ 支台築造 (歯の土台・コア)
TOP | 支台築造 |
土台(コア)の種類 | メタルコア (銀の土台) |
| レジンコア (プラスチック) |
| ゴールドコア (金の土台) |
| ファイバーコア (ファイバーポスト&レジンコア) |
歯科相談室 | レジンコア (プラスチックの土台) に関する歯科相談 |

 Check


歯チャンネルFacebook







このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中