歯肉癌
gingival cancer


歯肉癌とは口腔癌の一種で、歯肉(歯茎)にできるガンのことです。


歯肉癌の症状

歯肉の腫脹(腫れ)や潰瘍、の動揺などが見られるが、基本的には臨床所見に乏しい。
そのため、しばしば歯周病口内炎などと誤診される。

顎骨に歯肉ガンが浸潤すると、下歯槽神経麻痺や顎骨の病的骨折などの症状が現れることもある。


歯肉癌の治療法

放射線治療、化学療法、外科療法などを併用。


歯肉癌の生存率・予後

5年生存率は約60~85%。
(ガンの進行度によって、生存率・予後は大きく異なります)


歯肉癌の発生頻度

口腔癌全体の約25%。
好発部位は臼歯部歯肉。
上顎歯肉より下顎歯肉のほうが2倍多い。


⇒参考:歯肉癌(歯茎のガン)に関する歯科相談




歯科用語検索
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行

ラ行
ワ行



英語 A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z 数字