知覚過敏の原因や症状、治療法、薬について

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
知覚過敏



知覚過敏

■ 知覚過敏とは?
虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりする場合には、「知覚過敏」の可能性があります。

このように歯が削れているのが、知覚過敏の特徴です!



■ 知覚過敏の症状
知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。

また、知覚過敏の場合は高頻度で「楔状欠損」が見られることも特徴の一つです。

何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります。



■ 知覚過敏の原因
知覚過敏の原因は色々ありますが、共通していることは何らかの原因でエナメル質やセメント質が削れ、象牙質が露出していることです。(正式名称は「象牙質知覚過敏症」と言います)


[知覚過敏の原因]
  1. ブラッシングのやり方に問題がある
  2. 歯周病や歯肉炎が原因
  3. 歯ぎしりや噛み合わせが原因
  4. 歯科治療が原因(特に歯石取り)
  5. 実は知覚過敏ではなく虫歯

詳細については 知覚過敏の原因別治療法 をご覧下さい。



■ 知覚過敏の治療法

[知覚過敏が疑われる場合の対処法]
  1. まずは、正しいプラークコントロール(歯磨き等)を行う。
  2. ブラッシングの際に、知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使用する。
  3. 上記の方法を1週間程度行っても痛みが無くならない場合にはすみやかに歯科医院に行き、知覚過敏の専門的な治療を受ける。
[知覚過敏の専門的な治療法]
  1. フッ化物の塗布
  2. 歯科材料(レジンや歯科用セメントなど)で痛みのある部分をカバーする
  3. 痛みのある部分へのレーザー照射
以上が知覚過敏の際の基本的な治療法になりますが、知覚過敏の原因には色々なものがありますし、検査の結果痛みの原因が知覚過敏ではないということが判明することもありますので、上記以外の治療が必要になることもあります。


詳細については 知覚過敏の専門的な治療法 をご覧下さい。



■ 知覚過敏の薬
歯科医院に行けばMSコートやグルーマなどの知覚過敏用の薬を塗布してもらえる場合がありますが、ただ薬を塗布すれば良いというわけではなく、知覚過敏になってしまった原因を追究して、その原因に対する対策を取ることが大切です。



■ 知覚過敏
TOP | 知覚過敏TOP |
知覚過敏の治療法 | 知覚過敏の原因別治療法 |
| 知覚過敏の専門的な治療法 |
歯科医院検索 | 知覚過敏の治療に自信を持っている歯科医院を検索 |
歯科相談室  | 知覚過敏に関する歯科相談 |

 Check


歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中