乳歯から永久歯への歯の生え変わりの時期について

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
歯の基礎知識<歯の生え変わりの時期




■ 歯の生え変わりの時期の目安です

乳歯 生えてくる時期 抜ける時期
 A (乳中切歯) 6〜7ヶ月 6〜8歳
 B (乳側切歯) 7〜8ヶ月 7〜9歳
 C (乳犬歯) 16〜20ヶ月 9〜12歳
 D (第一乳臼歯) 12〜16ヶ月 10〜12歳
 E (第二乳臼歯) 20〜30ヶ月 10〜12歳

永久歯 生えてくる時期 抜ける時期
上の歯 下の歯
 1番 (中切歯) 7〜8歳 6〜7歳 重度の虫歯や歯周病になったり、外傷などで抜けたりしない限り、一生抜けません。
 2番 (側切歯) 8〜9歳 7〜8歳
 3番 (犬歯) 11〜12歳 9〜10歳
 4番 (第一小臼歯) 10〜11歳 10〜12歳
 5番 (第二小臼歯) 10〜12歳 11〜12歳
 6番 (第一大臼歯) 6〜7歳 6〜7歳
 7番 (第二大臼歯) 12〜13歳 11〜13歳
 8番 (第三大臼歯) 17〜21歳 17〜21歳

※歯の生え変わりの時期には個人差があります。上記のものは大体の目安とお考え下さい。

乳歯は通常、対応する永久歯(Aなら1番)が生えてくると抜けますが、まれに永久歯が生えてくる時期になっても抜けないことがあります。

これは対応する永久歯が生まれつき欠損していたり、何らかの原因で乳歯が抜けなかったりするためで、このような場合には次のことに気をつける必要があります。



■ 対応する永久歯が生まれつき無い場合
そのまま乳歯を使っていて問題ありませんが、30歳前後で乳歯は抜けてしまいます。
そのため、将来的には歯を補う治療が必要となります。



■ 何らかの原因で乳歯が抜けなかった場合
放っておくと、後から生えてくる永久歯が変な場所に生えてきてしまうことがあります。

そのため、歯の生え変わりの時期になっても乳歯が抜けない場合には、歯科医院で乳歯を抜くことが必要になることがあります。

乳歯が抜けないで残っているのかどうかの目安は上記の表を参考とする他に、左右の歯を見比べてみて、片一方の乳歯だけが抜けないで残っていないかどうかを見るという方法も有効です。(歯の生え変わりは通常、左右ほぼ同時期に起こります)



■ 歯の基礎知識
TOP | 歯の基礎知識 |
歯の基礎知識 | 歯の構造 |
| 歯の種類・名称・番号・歯式 |
| 歯の生え変わりの時期 |
| なんで歯って大事なの? |
| 虫歯は伝染るの? |
| 治療をした歯の寿命 |

 Check


歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中