2014年4月より
小臼歯のみ保険適用になりました
ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドCAD/CAM冠とは?


ハイブリッドCAD/CAM冠とは、レジン(プラスチック)のブロックをCAD/CAMという機械で削り出して制作するクラウン(かぶせ物)です。

2014年4月より、小臼歯(4番、5番)のみ保険適用になりました。



ハイブリッドCAD/CAM冠の値段・価格・料金


約8700円 (保険適用、3割負担の場合)

※上記の金額には、虫歯を削る料金、クラウン本体の料金、装着料、補綴物維持管理料(2年間保障)などが含まれます。


ハイブリッドCAD/CAM冠のメリット


・小臼歯に白い材料が使える
・金属を一切使わないので、金属アレルギーの心配がない
・保険の硬質レジンジャケット冠よりも強度に優れる
・硬すぎないので、かみ合う歯を傷めにくい
・保険適用なので安価


ハイブリッドCAD/CAM冠のデメリット


・取り扱っている歯科医院がまだ少ない
・新しい材料のため、取り扱いに慣れていない医院が多い
・単色のみなので、審美性はあまり高くない
・セラミック(陶器)ではないため、長期間の使用で徐々に変色する
・すり減りやすく割れやすいので、かみ合わせによっては使えない
・認可を受けた特定の材料しか使えない


健康保険適用 CAD/CAM用コンポジットレジンブロック


2014年10月現在、以下の材料のみ健康保険適用となっていますが、今後各社から様々な材料が出てくると思われます。

・グラディア (GC) ※現在セラスマートに移行
セラスマート (GC)
松風ブロックHC (松風)
ラヴァアルティメット (3M)
カボエナミック (KaVo)
KZR-CAD HR (YAMAKIN)




保険のクラウン 保険外(自費)のクラウン
硬質レジンジャケット冠 硬質レジンジャケット冠
オールセラミックジャケット冠 オールセラミック冠
硬質レジン前装冠 硬質レジン前装冠
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドセラミック冠
保険の金属冠 銀歯(保険の金属冠)
メタルボンド冠 メタルボンド
ハイブリッドセラミッククラウン ハイブリッドCAD/CAM冠
※小臼歯のみ 2014年4月より保険導入
オールセラミックジャケット冠 ジルコニアクラウン
ゴールドクラウン ゴールドクラウン





歯科相談室 |  クラウンに関する歯科相談

歯科医師厳選!おすすめ商品