楔状欠損,くさび状欠損【歯科大辞典】


楔状欠損、くさび状欠損
wedge-shaped defect



楔状欠損(くさび状欠損)とは、エナメル質セメント質の境目である歯頸部にしばしば発生する欠損のことです。

くさび状欠損になってしまうと、見た目の問題や知覚過敏の問題などが出てくる可能性があります。

楔状欠損 このように歯と歯ぐきの境い目が削れているのが、くさび状欠損の特徴です。

くさび状欠損は誤ったブラッシングが原因で作られると長年考えられてきましたが、ブラッシングをしていない部位にも見られることや、歯ブラシを使用する習慣のなかった古代人や動物の歯にもくさび状欠損があるという報告もあること、また、犬の歯をひたすらブラッシングする実験では楔状欠損は出来なかったことなどから、現在ではブラッシングが楔状欠損の原因であるという説は疑問視されています。


このように、咬合力によって起こる歯頸部の歯質の破壊のことをアブフラクションと言い、くさび状欠損=アブフラクションだと言っている歯科医師もいます。

ただ、ブラッシングを過度に行なっていたヨーロッパ諸国では楔状欠損が高頻度で見られるということもあるので、おそらく誤ったブラッシングはくさび状欠損をを助長する因子の一つなのでしょう。






Total total
今日 今日
昨日 昨日