厚生労働省に認可されていないホワイトニング剤の使用について

歯科求人チャンネル  現在、 人が閲覧中
毎月100万人以上が利用。
日本最大の歯科情報サイト、
歯チャンネルはこんなサイトです。
歯医者/歯科情報の歯チャンネル88 歯科医院検索 歯科相談室 歯科情報 歯科関係者向け
 
ホワイトニング<認可されていない薬剤




認可されていない薬剤?


■ 厚生労働省に認可されていないホワイトニング剤を使ってもいいの?
2006年現在、厚生労働省の認可を受けているホワイトニング剤は2種類しかありません。
(オフィスホワイトニングの「ハイライト」と、ホームホワイトニングの「ナイトホワイト・エクセル」)

しかし、これらのホワイトニング剤はアメリカではもう古過ぎてほとんど使われていません。

(ハイライトやナイトホワイトも使われていますが、アメリカで使われているのは日本で使われているものと同じものではなく、同商品の改良版です。この改良版は、日本未認可です)

新しいホワイトニング剤は従来のものよりも歯を白くする効果が高かったり、知覚過敏を抑える薬剤が配合されていたりして品質・安全面ともに優れているのですが、厚生労働省は薬害エイズ訴訟以来、非常に慎重になっています。

そのため、認可申請をしたとしても認可までにかなりの時間と治験のための費用を要し、認可が降りたころにはもうその製品は時代遅れになってしまっているという可能性が高いため、メーカーはよっぽどのことがない限り認可申請をしないというのが現状です。

ホワイトニングに熱心な歯科医院では、アメリカなどから直輸入で厚生労働省未認可のホワイトニング剤を輸入して使用している場合が多いですが、「厚生労働省の認可が無いから危険」というわけではありません。

厚生労働省の認可が下りていなくても、FDA(アメリカの厚生労働省にあたる機関)の認可が下りているホワイトニング剤であれば、まず問題は無いと思います。

ただし、厚生労働省の認可を受けていなかったり、海外から輸入したホワイトニング剤を使用する場合は、あくまでも自己責任となりますので、ホワイトニングに精通した歯科医師・専門家の判断の下で使用されることをお勧めします。



ホワイトニングの疑問を解決!
椿智之先生 ホワイトニングのパイオニアが語る
-日本のホワイトニングの歴史とこれから-


椿 智之 先生 (Dr.TSUBAKI)
ティースアート (東京都中央区銀座)



■ ホワイトニング
TOP | ホワイトニングTOP |
ホワイトニングの基礎 | ホワイトニングの料金・治療費 |
| ホワイトニングの効果 |
| ホワイトニングの安全性 |
| ホワイトニングの注意事項 |
| ホワイトニング出来ない場合 |
ホワイトニングの種類 | オフィスホワイトニング |
 ⇒ ハロゲンライト
 ⇒ アルゴンレーザー
 ⇒ スピードホワイトニング
 ⇒ FAPホワイトニング
 ⇒ ブライトスマイル
 ⇒ ZOOM(ズーム)
 ⇒ BEYOND(ビヨンド)
 ⇒ LED
| ホームホワイトニング |
| デュアルホワイトニング |
| ラミネートベニア |
| 白い材料を使ったクラウン |
| 歯のマニキュア |
| ホワイトニング歯磨き粉 |
| 歯のクリーニング(PMTC) |
| ウォーキングブリーチ |
ホワイトニングQ&A | 何で歯が白くなるの? |
| 歯磨き粉で歯は白くなるの? |
| どのくらい白くなるの? |
| いつまで白さは持つの? |
| 歯に対して悪くないの? |
| 保険は利かないの? |
| レーザーって効くの? |
| どんな歯でも白くなるの? |
| 認可されていない薬剤? |
オンラインショップ | ホワイトニンググッズ |
歯科医院検索 | 歯のホワイトニングに自信を持っている歯科医院を検索 |
歯科相談室 | 歯のホワイトニングに関する歯科相談 |

 Check


歯チャンネルFacebook






このページのトップへ戻る
歯チャンネルTOP歯科相談室歯科医院検索&マッチング歯科情報の広場オンラインショップ歯科関係者向け
フリー掲示板歯科リンク集利用規約広告掲載運営者マスコミの方へ会社概要サイトマップ
ネット上の医療情報 ご利用時の注意
歯科を知る、歯医者さんに相談するなら、歯チャンネル
歯科医院の口コミを閲覧・投稿するなら、デンターネット

TOTAL TOTAL  今日 今日  昨日 昨日  現在、 人が閲覧中