親知らず(親不知・おやしらず)とは?


「親知らず」(親不知・おやしらず)とは、前から数えて8番目、通常最も奥に存在している歯です。(別名:第三大臼歯、知歯)

親知らずは20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまってこの歯を見ることが出来ない、というのが親知らずの名前の由来だと言われています。

親知らずは生えてくる場合と生えてこない場合(又は最初から無い場合)があるのですが、この歯は場合によっては抜歯してしまった方が良いことがあります。

また、親知らずを抜かないで残しておいた方が良い場合や、抜歯後の痛み・腫れ・麻痺などのトラブルについても説明していきたいと思います。

永久歯 歯列チャート



親知らずを抜歯する理由


親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、最悪の場合は手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことが推奨されます。

特に、親知らずがきれいに生えておらず一部分のみが歯茎から出ているような場合では、埋もれている親知らずと歯茎との間に汚れ(食物残渣、プラーク等)が溜まりやすく、それらの除去も通常の歯磨きでは難しいため、虫歯や歯周病のリスクがより一層高くなります。

また、親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発します。

そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするというケースも多くあります。


親知らずを抜歯したほうが良い場合


(1) 手前の歯と同じように生えてきているが、歯磨きが上手に出来ない場合
(2) 中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている場合
(3) 横向きに生えてきている場合
(4) 骨の中に完全に埋まっているが、レントゲン写真上問題がある場合
(5) 歯並びを悪くする恐れがある場合


親知らずを抜歯しなくても良い場合


(1) 手前の歯と同じように生えてきていて、歯磨きも特に問題なくできる場合
(2) 骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題が無い場合
(3) その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合

※親知らずを抜かずに残しておくと、将来手前の歯が抜けてしまった場合にブリッジの土台や移植歯として使える可能性がありますが、親知らずを土台にしたブリッジにはリスクもあるため注意が必要です。

⇒参考:7番抜歯後、68ブリッジにするのは良くない?


親知らずを抜歯する時期


親知らずを抜く場合には、生えてから出来るだけ早い方が良いです。(20歳前後が最適)
その理由は以下の通りです。

(1) 虫歯や歯周病になってからでは遅い
(2) 若い時の方が、親知らずを抜いた後の骨の回復が良い
(3) 抜く時期が遅いと、親知らずが骨と引っ付いてしまって抜くのが大変になることがある


親知らずの抜歯は妊娠前がベスト


妊娠をすると生活習慣や口腔内環境の変化に伴って、親知らずが虫歯や歯周病になりやすくなります。

さらに進行もしやすくなるため、今まで大丈夫だった親知らずが妊娠中に痛くなってしまうということがよくあります。

しかし、妊娠中は手術や薬剤等の制限があるため、親知らずが痛くなってしまっても通常通りの治療が行えない場合があります。

リスクの高い親知らずは妊娠前に抜歯しておくことがベストですが、万が一妊娠中に親知らずが痛くなってしまったら、産科の先生と連携をとって対応しましょう。

⇒参考:近々妊娠を考えていますが、親知らずは早めに抜歯するべき?
⇒参考:妊娠30週5日、昨日から右下親知らず周辺が痛みます


親知らず抜歯の手術時間


5分~1時間程度

※親知らずの状態、歯科医師のテクニックにより大きく異なります

簡単な場合には普通の歯を抜くのと同様にすぐ抜けますが、歯の大部分が骨の中に埋まっていたり、歯と骨が引っ付いていたり、歯の根っこの形が複雑だったりすると抜くのにかなりの時間を要する場合があります。

難しい場合の手術時間は1時間前後が多いですが、私が学生時代に大学の口腔外科で見学した中には最長で4時間かかったケースもありました。


親知らず抜歯の費用・料金


・簡単なケース (きれいに生えてきている場合) ・・・ 約870~1.530円
・難しいケース (骨の中にほとんど埋まっている場合) ・・・ 約3.300円

※これとは別に初診料や再診料、投薬料、レントゲン写真料などもかかりますので、トータルでは親知らずの抜歯1本あたり 5,000円前後 になることが多いです。


親知らず抜歯が上手な歯医者さんとは?


親知らずの抜歯技術は、歯医者さんによって大きな差があります。
やはり普段から抜歯の数をこなしている先生が上手なことが多いです。

親知らずの抜歯を最も多くこなしているのはおそらく「大学の口腔外科の先生」でしょう。
次に「口腔外科出身の先生」だと思います。

逆に「矯正専門医」の先生などは、親知らず抜歯の経験が一度も無かったりする場合も珍しくありません。(もちろん中には矯正医で抜歯が得意な先生もいらっしゃいます)

親知らずの抜歯が得意そうな歯医者さんを探す際には、「口腔外科」というキーワードを元に探すと上手な先生が見つかる確率が高くなるのではないかと思います。


親知らず抜歯後のトラブル(腫れ・痛み・麻痺など)


親知らずの抜歯後、腫れ、痛み、麻痺、顎関節症などのトラブルが出ることがあります。
抜歯後のトラブルについては数多くの歯科相談がありますので、そちらも参考にされてください。






歯科相談室   |  クラウンに関する歯科相談
|  親知らずの抜歯
|  全身麻酔による親不知の抜歯
|  親知らず抜歯後の後遺症・トラブル
|  親知らず抜歯後の腫れ・痛み
|  親知らず抜歯後の麻痺・しびれ
|  親知らずの抜歯と顎関節症
|  親知らずの隣の歯(7番)への影響
|  親知らず抜歯の費用・料金・値段

歯科医師厳選!おすすめ商品