口腔癌(口腔ガン)
oral cancer、carcinoma of the oral cavity


口腔癌とは、の中にできる癌の総称です。


口腔癌の症状

・触ると硬い(硬結を触れる、しこりがある)
・境界が不明瞭
・潰瘍を形成
・見た目がグロテスク
・自然出血がある
・リンパ節が腫れる
・痛みがある
・しばしば白板症紅板症を伴う

口腔癌の症状には上記のようなありますが、必ずしも全ての条件を満たしているとは限りません。
また、他の疾患との鑑別も必要になります。
正確に診断するためには、大学病院などの専門機関で組織検査を行う必要があります。


口腔癌の治療法

放射線治療、化学療法(抗癌剤など)、外科療法(切除など)を併用、あるいは単体で行います。


口腔癌の生存率・予後

口腔癌全体の5年生存率の平均は、約63~65%。

(1980年代後半~1990年代前半に報告された症例統計の平均)
(ガンの進行度によって、生存率・予後は大きく異なります)


口腔癌の種類

舌癌
歯肉癌
口底癌
頬粘膜癌
口唇癌
硬口蓋癌


口腔癌の発生頻度

口腔癌の発生頻度は、癌全体の約1~2%程度です。

最も多いのは舌癌で、口腔癌全体の約30%、次いで歯肉癌が約25%、口底癌が約10%、頬粘膜癌が約7%、最も少ないのは口唇癌で約1~2%です。


口腔癌の発生頻度

口腔癌の発生頻度は癌全体の約1~3%程度と、決して多くはありません。
年齢分布では、50歳代以降が約75%を占めています。




歯科用語検索
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行

ラ行
ワ行



英語 A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z 数字